en-USja-JP
指導者ら、一時帰国中の国外在留ベトナム人と懇親    
Xem lịch sử tin bài
指導者ら、一時帰国中の国外在留ベトナム人と懇親 写真提供:Vu Dung
Feb 08 2018

7日、ハノイで、グエン・スアン・フック首相は国外在留ベトナム人の代表およそ100人と懇親会を行いました。

これらの代表は国外在留ベトナム人担当委員会の主催による「故郷の春2018」と題するイベントに参加するため、一時帰国しました。

席上、フック首相は「2017年、収めたベトナムの成果には国外在留ベトナム人の貢献があった」と強調するとともに、祖国は科学技術、スタートアップ(起業)に関する国外在留ベトナム人の経験や財源を必要としていると明らかにし、彼らに祖国の建設発展に力を入れるよう要請しました。

同日、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会の指導者は国外在留ベトナム人の代表との集いを行いました。この席で、国外在留ベトナム人らは国の発展に喜びの意を示すとともに、国内状況に関する最新情報を入手することや、外国での国内企業のピーアールの架け橋としての役割を果たすことを希望すると表明しました。

オーストラリア在住ベトナム人実業家の一人は次のように語りました。

(テープ)

「我々はオーストラリア企業がベトナムに、ベトナム企業がオーストラリアをはじめ、世界各国に進出するよう、架け橋としての役割を果たしたいと思います。国が日増しに発展するため、あらゆる分野への投資家の誘致を望んでいます」

同日、グェン・フー・チョン共産党書記長は国外在留ベトナム人の代表と懇親しました。7日夜、国家会議センターで、「故郷の春2018」というイベントが開かれ、チャン・ダイ・クアン国家主席が出席しました。
[Source: Vov World]