en-USja-JP
日系企業向け人材、日越連携で育成    
Xem lịch sử tin bài
Oct 04 2013

ベトナムに進出している日本企業は、日本人管理者とベトナム人労働者をつなぐ、学識ある若い幹部の不足に直面している。この解決に、ホーチミン市の職業訓練施設と日本の関連機関が取り組んでいる。

今年、国際協力機構(JICA)、川崎市、ホーチミン市職業訓練短期大学は、モノづくり技術向上プログラムの協力で契約を交わした。まずは機械科の学生30人を対象に講座を開く。 

 正規カリキュラムと並行して行なわれ、専門家による専門的な指導の前に日本語を学べるほか、ソフトスキルや日本企業のワークスタイル、文化も学べ、JICAと川崎市が紹介する在ベトナム日本企業で実習も受けられる。「学生が最新技術や日本人のワークスタイルに触れるチャンスだ」労働傷病兵社会福祉局Nguyen Thanh Hiep職業訓練室長は言う。 

 ホーチミン市の民間企業では今年9月、ベトナム人技能実習生の派遣事業などを行うEsuhai社がJICAの支援で越日技術人材開発・育成センター(KAIZEN吉田スクール新校舎/ホーチミン市Tan Binh)を開所した。日本市場向けおよび在ベトナム日本企業の要求に合わせ2,0003,000人を育成する。また労働輸出企業は、外国への送り出しのほか、日本から優秀な労働者を募集し、ベトナムの日本企業に紹介している。 
                                                                                                                                                                                 [hotnam]