en-USja-JP
18年GDP成長率予想+7.1%    
Xem lịch sử tin bài
Apr 16 2018

アジア開発銀行(ADB)は、ベトナムの2018年の国内総生産(GDP)成長率予想は+7.1%で、国会目標の+6.5~6.7%を上回り、2019年には+6.8%に低下するとの見通しを示した。

ADBによると、製造業と輸出が大幅な成長を続けていること、また内需増加、海外直接投資(FDI)企業や国内企業の投資強化、農業の改善などがベトナム経済成長を支える好材料となっている。さらに、ベトナムはアジア地域で最も急成長する国の一つと見込まれている。

 ただし、ベトナムの年間輸出入総額はGDPを大きく上回っており、ベトナム経済の貿易に対する依存度は東南アジアの中でシンガポールに次ぎ2番目に高い。これにより、ベトナムは世界的な保護貿易主義の影響を受けやすいと指摘されている。