en-USja-JP
5月21日開幕で会期は19日間    
Xem lịch sử tin bài
Apr 19 2018

国会常務委員会は17日、第14期(2016~2021年)第5回国会の日程と議事内容について話し合い、会期を5月21日から6月14日までの19日間(休日を除く)とすることを決めた。第12期(2006~2011年)以降の国会では最も短い会期となる。

第5回国会では◇改正告訴法、◇特別行政経済区法(経済特区法)、◇改正競争法、◇改正国防法など、法案7本を審議・可決する見込み。予定されていた公共行政法や改正刑事判決執行法など法案4本の審議は見送ることになった。また、◇改正汚職防止法、◇都市開発管理法、◇畜産法など法案9本について、意見聴取を行う。

 法案以外では、2017年経済社会発展計画及び国家予算の実施結果に関する報告、2018年経済社会発展計画及び国家予算の実施状況に関する報告などを審議する。

 今回の会議では、質疑応答の方法がより簡潔な方向に改善される。議員の質問は1分以内、大臣の応答は3分以内とし、3人の議員が続けて質問し、大臣が9分以内に回答する方式になる。