en-USja-JP

経済
1.主要産業
農林水産業、鉱業、軽工業
2GDP2012年、IMF
1,377億米ドル
3一人当たりGDP2012年、IMF
1,523米ドル
4経済成長率2012
5.0%
5物価上昇率2012年)
9.2%
6貿易額2012年、税関総局)
・輸出:1145億米ドル(対前年比18%増)
・輸入:1138億米ドル(対前年比6.6%増)
7主要貿易品目2012年)
・輸出:
縫製品、携帯電話・同部品、原油、PC・電子機器・同部品、履物等
・輸入: 機械機器・同部品、PC・電子機器・同部品、石油製品、布、鉄鋼等
8
貿易相手国2012年)
・輸出:米国、日本、韓国、マレーシア
・輸入: 中国、韓国、日本、台湾、シンガポール
9通貨
ドン(Dong
10経済状況
1
1989年頃よりドイモイの成果が上がり始め、1995年~1996年には9%台の高い経済成長を続けた。しかし、1997年に入り、成長率の鈍化等の傾向が表面化したのに加え、アジア経済危機の影響を受け、外国直接投資が急減し、1999年の成長率は4.8%に低下した。
22000年代に入り、海外直接投資も順調に増加し、2000年~2010年の平均経済成長率は7.26%と高成長を達成したが、2011年は5.9%、2012年は5.0%と成長率が鈍化。
3)近年ベトナムは一層の市場経済化と国際経済への統合を推し進めており、20071月、WTOに正式加盟を果たしたが、不透明なマクロ経済状況未成熟な投資環境等懸念材料も残っている。



 



Module HTML
Module HTML
Module HTML
豪華客船の取材に関するフィードバック
最近、スタートしたゲンティングドリームの豪華客船の取材がありました。この客船は、シンガポールからスタートして、ベトナムのバリアー...
豪華客船の取材に関するフィードバック
Cập nhật: 10:40 - 20/02/2017
最近、スタートしたゲンティングドリームの豪華客船の取材がありました。この客船は、シンガポールからスタートして、ベトナムのバリアー...