en-USja-JP

ベトナムの地理に関する情報 

ベトナムの国旗(赤い旗に黄色い星)

2 16 2017

ベトナムはインドシナ半島、東南アジア、そして太平洋の沿岸にあるS字型の国です。面積は、約331,000平方キロで、人口は約9,400万人(2016年)です。

国名:ベトナム社会主義共和国

首都:ハノイ

建国記念日:9月2日

位置:ベトナムはインドシナ半島、東南アジア、そして太平洋の沿岸にある国です。北に中国、西にラオス及びカンボジアと陸が続いており、東に東部海域を接しています。地図で見ますと、ベトナムはS字型のように切れ目のない土地に見え、緯度は北緯23̊23ˈ~北緯8̊27ˈで、北から南へ1.650キロの長さがあります。細長い国で、多様な地形があるため、ベトナム全土に美しい景色が数多くあり、ハロン湾やチャンアン、フォンニャーケーバン等の世界遺産があります。


地形:山や平地、海岸、大陸棚等があり、多様です。それは、季節風や高温多湿、風化の環境にて長い間の地質の変化で出来た地形だと思われます。また、西北から東南へ標高が下がっていきます。それは、大きな川の流れる方向に反映されます。小山を含む山は、全土面積の3/4を占めていますが、背の低い山が殆どです。標高1.000メートル以下の地形が全土の85%に及び、2.000メートル以上の山は、僅か1%に過ぎないものです。最も背が高い山は、ファンシパンと言って、北部にあり、3.143メートルです。これは、インドシナ半島の「屋根」と言われている山です。平地は、陸の面積全体の1/4のみあって、山と小山に分離され、小さい面積の平地がこちらあちらに散らかっています。国の北と南の端に大きなデルタがそれぞれ一つずつあり、名前はホン河デルタとメコンデルタで、面積が16,700平方キロと40,000平方キロです。その間に、面積の小さい平地が中部の地域にあります。ベトナムの東に長い海岸線があり、海岸の長さが3,260キロメートルです。ベトナムが領有権を有する海に数多くの島があり、北部にハロン湾等があり、3,000以上の島を有しています。中には、中国などと領有権の紛争の問題を抱えている島、チョンサー諸島、ホアンサー諸島もあります。川がベトナムに数多くあり、西北と東南の主な方向で川が流れています。大きな川は、北部にホン河、南部にメコン川があり、それぞれで形成されたデルタが非常に肥沃して、人々は年に2期と3期作を作っています。ベトナムは、米やコーヒー輸出の大国です。気候:高温多湿の地帯に入っていますが、中部にあるハイヴァン峠が境目になって、それより北の方は北部で、春、夏、秋、冬と言った式がある季節風がある熱帯の気候であり、それより南の方は南部で、乾期と雨季の2季しかない熱帯の気候です。北部から南部まで地域によって気候はそれぞれ異なる部分があります。北部にサパ、南部にダーラットと言った避暑地の様な土地もあります。


Module HTML
Module HTML
豪華客船の取材に関するフィードバック
最近、スタートしたゲンティングドリームの豪華客船の取材がありました。この客船は、シンガポールからスタートして、ベトナムのバリアー...
豪華客船の取材に関するフィードバック
Cập nhật: 10:40 - 20/02/2017
最近、スタートしたゲンティングドリームの豪華客船の取材がありました。この客船は、シンガポールからスタートして、ベトナムのバリアー...